あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

実績内容

対象期間:平成20年4月~平成25年3月

平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
外来延べ患者数 5420 5314 5723 6269 6448
外来新患数 545 510 507 531 576
入院延べ患者数 4964 4801 4570 5555 5299
手術数 132 130 169 195 211

実施している主な検査・治療

手術内容 平成20年度
例(肢)
平成21年度
例(肢)
平成22年度
例(肢)
平成23年度
例(肢)
平成24年度
例(肢)
先天性股関節脱臼
観血整復術 1
観血整復術+大腿骨骨きり術 1
観血整復術+大腿骨骨きり術+ソルター手術 1
ソルター手術 8 20 14 15 15
寛骨臼回転骨きり術
大腿骨骨きり術 2 2 6 1
OHTによる整復、関節造影ギプス 15 10 8 12 12
股関節造影 1 1 3 2 8
ペルテス病
ソルター手術 3 6 4 6 6
ソルター手術+大腿骨骨切り 1
大腿骨頭辷り症
ピンニング 2(4) 1(2) 6(7) 4(7) 7(13)
骨切り 1(1)
創外固定器(イリザロフ法、単支柱法)
骨延長 9(13) 5(9) 8(13) 8(10) 9(11)
変形矯正 3(3) 4(5) 3(4) 1(1)
骨延長+変形矯正 3(3) 1(1) 2(2) 3(3) 4(4)
骨端線成長抑制 5 5(8) 8(10) 15(22) 20(25)
骨形成不全症
矯正骨きり、髄内釘 3(3) 3(3) 3(4) 2(2) 1(1)
先天性内反足
全距骨周囲解離術 1 3(3)
後方解離術 1(2) 1(1) 2(2)
骨きり術
ポンセッチアキレス腱切り術 6(11) 8(9) 16(25) 16(19) 15(19)
その他 1(2)
他足部疾患 5(6) 7(9) 5(5) 23(33) 14(16)
膝疾患 3 1(2) 3 1
上肢疾患 7 8(9) 10 15(18) 14(17)
筋性斜頚 2 6 10 7 5
骨軟部腫瘍 5 4 6 5 2
ばね指 2 3
化膿性関節炎(切開・排膿) 3
骨折骨接合術 3 6 5 3 3
偽関節手術 1 1
その他(抜釘等) 42 30 51 61 62
ボツリヌス注射 5
総計 132 130 169 195 211

クリニカルインディケーター(臨床の医療指標)

先天性股関節脱臼
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
1歳未満 4 2 2 2 2(1) 7 9(1) 4 6
1歳〜2歳 0 1 1 1 5 2 4 2 5
2歳以上 0 1 0 0 0 4 0 1 0
奇形性股関節脱臼
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
1歳未満 0 0 1 0 0 1 1 0 0
1歳〜2歳 0 0 0 0 1 0 1 0 0
2歳以上 1 0 0 0 0 0 0 0 1
先天性股関節脱臼
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
整復率(%) 100 100 100 100 100 100 100 100 100
骨頭変形率(%) 0 0 0 0 14 0 8 0 0
奇形性股関節脱臼
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
整復率(%) 100 100 100 100 0 0
骨頭変形率(%) 0 100 0 0 0 0

誌上発表

  • Is the timing of surgery associated with avascular necrosis after unstable slipped capital femoral epiphysis? A multicenter study.
    Kohno Y, Nakashima Y,Hattori T et al
    Journal of Orthopedic Science.  Jan;22(1):112 -115 2017
  • The epidemiology of developmental dysplasia of the hip in Japan: Findings from a nationwide multi-center survey.
    Hattori T, Inaba Y, Ichinohe S
    Journal of Orthopedic Science.  Jan;22(1):121-126 2017
  • Clinical Results and Complications of Lower Limb Lengthening for Fibular Hemimelia: A Report of Eight Cases.
    Mishima K, Kitoh H,, Hattori T et al
    Medicine (Baltimore)  May;95(21):e3787 2016
  • 3大小児整形外科疾患と言われた先天股脱、先天性内反足、筋性斜頸 その過去と現在 日本における発育性股関節形成不全(DDH)の過去と現在 疫学と保存的整復の推移
    服部義
    日本整形外科学会雑誌 90:7:473-479 2016
  • 多発性外骨腫症の下肢変形に対するGuided Growth Systemの治療経験
    都野田真健、岩田浩志、古橋弘基、大石央代、服部義
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 59:3:599-600 2016
  • Ollier病の下肢短縮変形に対する創外固定治療:成長終了まで経過観察した2例の検討
    都野田真健、金子浩史、岩田浩志、古橋弘基、大石央代、松村明日香、服部義
    日本小児整形外科学会雑誌 25:2:226-230 2016
  • 当センターの低年齢発症(5歳未満)ペルテス病の治療経験
    古橋弘基、金子浩史、岩田浩志、服部 義
    日本小児整形外科学会雑誌 25:2:195-199 2016
  • エイトプレートを使用した骨端線抑制術の治療成績
    古橋弘基、金子浩史、岩田浩志、服部 義
    日本小児整形外科学会雑誌 25:1:48-54 2016
  • 発症から治癒まで経過観察をしたKohler病
    都野田真健、岩田浩志、金子浩史、古橋弘基、服部義
    整形外科 68:3:219-223 2017
  • 斜頸 環軸亜脱臼、炎症性斜頸を含めて
    岩田浩志、服部義
    小児内科 48:増刊:705-709 2016
  • 腓骨列形成不全症9例に対する骨延長術の治療成績
    三島 健一,、鬼頭 浩史、服部 義
    日本創外固定・骨延長学会雑誌 26巻 127-131 2015
  • 小児科臨床 III下肢の疾患発育性股関節形成不全(DDH)
    服部 義
    小児科臨床 78巻4号 477-482 2015
  • ペルテス病に対するソルター骨盤骨切り術の手術適応
    金子浩史、岩田浩志、大石央代、松村明日香、服部 義
    日本小児整形外科学会雑誌 24:1:70-74 2015
  • 発育性股関節形成不全(脱臼)の診断遅延例に対するオーバーヘッド牽引法: 25年間の患者背景と治療成績
    金子浩史、服部 義、岩田浩志、鬼頭浩史、石黒直樹
    整形外科 66:6:501-506 2015
  • 関節疾患に伴う跛行とその対策
    金子浩史、服部 義
    MB オルソペディクス 28:4:19-26 2015
  • 発育性股関節形成不全初期治療後の臼蓋形成不全に対するソルター骨盤骨切り術の長期成績不良因子
    金子浩史、鬼頭浩史、三島健一、松下雅樹、岩田浩志、北村暁子、石黒直樹、服部 義
    日本小児整形外科学会雑誌 23:2:289-294 2014
  • Factors associated with unfavourable outcome of Salter innominate osteotomy for unilateral developmental dysplasia of the hip: does occult dysplasia of the contralateral hip affect the outcome?
    Kaneko H, Kitoh H, Mishima K, Matsushita M, Kadono I, Ishiguro N, Hattori T
    The Bone & Joint Journal 96-B:10:1419-1423 2014

ページの先頭へ