あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

科の診療イメージ

診療内容

当センターに心臓血管外科が開設されて以来、これまでに1000例以上の心臓手術を行ってきました。比較的軽症で、じっくりタイミングを待ってから手術を受けるお子さんから、なかには、生まれて数日、体重2,000g未満、待ったなしで手術に臨む赤ちゃんもいます。

心臓血管外科は、循環器部のなかの外科担当として、内科担当の循環器科とともに歩んでいます。ちょうど車の両輪のように、いつも協力し合いながら、互いの得意分野で力を発揮しています。

主な対象疾患

先天性心疾患全般、小児期の後天性心疾患全般、不整脈(ペースメーカ植え込み手術)。新生児、乳幼児から小児期までの心臓血管手術を得意分野としています。とくにジャテーン手術、ロス手術、TCPC(フォンタン)手術に定評をいただいております。

イベント情報

現在予定されているイベントはございません。

診療理念

1953年にジョン・ギボンという外科医が初めて人工心肺(体外循環)を用いた心臓手術を成功させました。この成功により、それまでは、自然の運命を受け入れるしかなかった子供たちにも、治療の未来を拓くことができるようになったのです。以来、60と数年、当時は治療困難とされた疾患に対しても、有効な治療ができるようになってきました。近年では、救命のみを願って手術を行う時代から、術後の生活に高いクオリティーを求める時代へと変化しつつあります。私たちも、より質の高い医療をより快適な医療環境の中で行うために、循環器科と連携しながら、麻酔科医師、臨床工学担当、看護師、リハビリテーション科、臨床検査科、放射線検査科、薬剤部、栄養士など、多くの仲間たちとチームで取り組んでいます。
心臓外科の診療は、手術を中心とした外科手技を用いて、心臓、大血管疾患を治療することを旨とします。

  1. 心疾患をはじめ、患児の全身状態を把握し、適切な治療を提供します。
  2. 循環器科と協力して治療戦略を立て、実行していきます。
  3. 麻酔科、臨床工学担当、看護部、リハビリテーション科、臨床検査科、放射線検査科をはじめ、院内各部門と共同して治療を進めます。
  4. 患児家族にわかりやすい説明を心がけ、十分にご理解を頂いた上で治療を行います。

そして、お子さんの気持ち、精神面にも配慮した医療を心がけています。
先天性心疾患のお子さんの心臓は、ときとして、簡単には理解できない様な複雑な構造をしていることがあります。手術のご説明の際には、より詳しく理解していただくために、お子さんごとに、1枚1枚心臟の絵を描かせていただいております。

当科の特徴

人工心肺装置の低容量化で小児・乳幼児でも無輸血開心術が可能になり、安全性を確保してこれを目指しています。小児循環器科医との連携でさまざまな角度からの意見を総合して治療方針を立て、より綿密な管理を行っています。心エコーは通常の診断だけではなく、手術中または術後ICU等で即座に経時的出来るようにし、大血管奇形に対しては三次元CT、MRI等を積極的に行い立体的な画像構築を行っています。疾患によっては安全性を確保しながらより小さな手術創で行う努力をしています。今まで治療困難とされていた左心低形成症候群に対しては、新生児期に低侵襲な両側肺動脈絞扼術で救命し、その後ノルウッド手術を行うか、グレン手術を行っています。大動脈弁狭窄または閉鎖不全症に対しては患者様の意向を考慮して、ロス手術を行っています。

特殊医療機器

  • 人工呼吸器(新生児対応)
  • 人工心肺装置
  • 補助循環装置
  • 大動脈内バルーンパンピング
  • 一酸化窒素吸入器
  • 経食道心臓超音波装置
  • 近赤外線分光法経頭蓋脳酸素飽和度モニター
  • 3D-CT
  • MRI

その他

当センターは小児の総合病院として、関連診療科と連携をとりながら、心臓、大血管以外の小児期における緒問題にも柔軟に対応し、患児ごとにオーダーメイドの治療戦略を立てております。

ページの先頭へ