あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

各部門のご案内

  1. ホーム
  2. 各部門のご案内
  3. コメディカル部門
  4. 中央検査部 放射線検査室

放射線検査室

  • 科の特色
  • 業務実績

ようこそ放射線検査室へ

科の特色イメージ

放射線検査室では、お子様に優しい施設を目指して廊下、検査室、検査装置に動物や魚の絵を描いています。また、不安や恐怖感を和らげるために、ビデオを見ながら検査を受けることもできます。

デジタル画像システム導入により、画質向上及びフィルムレスによる効率化で検査時間の短縮をはかっています。できあがった画像はコンピュータにすべて保管して、病院内であればいつでもどこでも診ることができるようになっています。


業務内容

外来放射線検査室

小児救命救急センター

情報システム

部門名 外来放射線検査室  
一般撮影室1
一般撮影
最新の装置を使用することにより、被ばく低減が可能となりました。
この部屋では、胸部、腹部などを撮影し、呼吸器系、循環器系のさまざまな病気の診断が可能です。

パノラマ・セファロ撮影装置
歯並びなど顎全体がわかる写真や、頭部の写真を撮る装置です。
ポータブルエックス線撮影装置(FPD)
病棟などでベッドから動くことが容易でない患者様等に使用します。
装置には、アニマル柄の絵が描かれており、落ち着いた気持ちで検査が受けられるようになっています。
一般撮影室2
骨・一般撮影
この部屋では、頭部、脊椎、骨盤、上肢、下肢等を撮影します。
骨密度測定装置
骨の中のカルシウムの量を測定する装置です。このカルシウム成分が不足してくると骨がもろくなり、骨折しやすくなります。検査は2分程度で終了します。
新生児集中治療室(NICU)
ポータブル装置(FPD)、X線処理室
周産期エリアにおいて、緊急性の高い患児の撮影を瞬時に行い迅速な画像処理で対応しています。
X線TV室1
X線TV装置
主に消化管の通過状態を観察します。またイレウスの早期診断や栄養カテーテルという管の挿入した治療など多方面にわたって利用されています。
透視像を見ながらの検査であるため、安全に診断治療が行えます。
X線TV室2
X線TV装置
腎臓・泌尿器科の腎臓・膀胱造影検査を主に行っています
尿道から膀胱に細いカテーテルという管を挿入し、そこから造影剤を注入して膀胱の形や排尿時の尿道を撮影します。また、尿意をもよおす時の筋肉の働きや排便をする時の肛門内圧も測定します。

CT室
CT装置
128列マルチスライスCTにより、短時間で広範囲の撮影が可能となり、大幅な被ばく低減効果が期待できます。呼吸停止ができない場合でも安定した画像を提供できます。
MRI室
MRI室
MRI(磁気共鳴画像)とは強い磁石と電波を使って体内の臓器等の状態を検査する方法です。
X線の被曝がなく、いろいろな方向からの身体の断面の写真を撮像することができます。
検査中は大きな音が続きますが、痛みはまったくありません。
検査時間は検査部位や病気によって異なりますが、全体で30~60分程度かかります。
その間身体が動くと正確な検査が出来ませんのでじっとしている必要があります。
特に低年齢のお子様の場合には、動かないようにごく軽い睡眠剤を使い眠っている間に検査を行います。
検査中は装置の中で一人になりますが、常に検査担当者と連絡を取ることが出来ます。監視カメラで中の様子を見て安心して検査を受けてください。
アイソトープ検査室
アイソトープ検査室
アイソトープ検査は、ガンマ線を放出する少量の薬(これを「放射性医薬品」と言います)を静脈から注射し、ガンマカメラ(ガンマ線検出器)で体の中の様子を画像(シンチグラム)にする方法です。
検査は30~50分間、静かに横になっている間に検査は終わってしまいますので患者さんにとって苦痛の少ない検査です。
検査中に体が動く方の場合は、睡眠剤を用いて眠っている間に検査を行います。


部門名 小児救命救急センター  
救急撮影室
(初療室)
(救急撮影室)
初療室撮影(ポータブル)、救急一般撮影装置
救急車やドクターヘリなどで搬送された患児を撮影します。
X線TV室
(救急棟)
X線TV装置
主に救急疾患の検査を行っています。
フラットパネルを装備したことで低被ばくの透視撮影検査ができます。
CT室
(救急棟)
CT装置
16列のマルチスライスCTにより、頭頸部を主体に撮影しています。 
手術室
(画像処理室)
ポータブル装置、外科用X線透視撮影装置、処理室
手術室エリアにおいて、術前、術中、術後の撮影、および術中の透視撮影を行い迅速な画像処理を行っています。
手術室
(血管造影室)
血管造影装置(ハイブリッド手術室)
主に心臓カテーテル検査やインターベンションを行っています。また、ケースによっては造影しながら手術を行うハイブリッド手術室としても利用しています。 
小児集中治療室
(PICU)
ポータブル装置(FPD)、X線処理室
PICUエリアにおいて、緊急性の高い患児の撮影を瞬時に行い迅速な画像処理で対応しています。 

スタッフ紹介

放射線検査室:岩崎浩康
スタッフ:13名


撮影に際し、小さいお子様は大人の何倍もの時間と工夫が必要になります。そこで一瞬の機会を見逃さず、安全確実に検査を行うことを心掛けています。

ページの先頭へ