あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

科の診療イメージ

診療内容

当科はハイリスク妊産婦のみを受け入れる紹介型医療施設として平成28年11月1日に開設されました。こども病院に併設された特性を活かし、妊娠に関連した問題を抱えた妊婦さん、おなかの中の赤ちゃんに何らかの病気が疑われた妊婦さんの診療を担当します。同時に開設されるNICUと連携しながら、胎児期から新生時期まで継続した医療を提供させて頂きます。

先天性心疾患、新生児外科疾患、新生児脳神経外科疾患など産まれてから早期に手術や集中治療が必要となる赤ちゃんに対しては、出生前から関連診療各科と連携をとり治療計画をたてた上で適切な治療が受けられるようにチーム医療での対応を行います。

母体救急に関しては、近隣総合病院と連携しながらの治療となります。

主な対象疾患

異常妊娠の管理や胎児疾患の精査、遺伝カウンセリングが中心です。

1.出生後に専門的治療を要する疾患
  • 胎児形態異常
    • 先天性心疾患全般
    • 二分脊椎症、水頭症など先天性の脳神経外科領域の疾患
    • 臍帯ヘルニア、腹壁破裂、食道閉鎖等の新生児外科領域の疾患
  • 胎児機能不全
2.胎児に対する高度な管理を要する疾患
  • 胎児発育不全、双胎など
3.母体の安静加療を要する疾患
  • 切迫流産・早産、妊娠高血圧症候群など
4.高年妊娠や羊水染色体検査など遺伝カウンセリングを必要とする妊婦

産科からのお知らせ

        •   平成29年4月より、母体血を用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)を開始します。申し込みは下記を参照してください。

     

    妊婦さんへ

          NIPT検査を希望される方は、「NIPT臨床研究に参加する前の自己チェックリスト」を記入し、「産科主治医の先生へ(NIPT専用紹介状付)」と共に、受診されている施設の先生に提出して、周産期遺伝外来の受診予約をお願いしてください。(妊婦さんから直接ご予約することはできません)受診予約がとれた方は、「NIPT説明文書」と「カウンセリング問診票」をダウンロードして、受診当日にご持参ください。受診日の遺伝カウンセリングは「NIPT説明文書」の内容を理解し、「カウンセリング用問診票」が漏れなく記入されていることが前提になります。

     

    紹介をしていただく医療機関の先生へ

                                                      お手数をおかけしますが、妊婦さんが当センターでのNIPT検査を希望された場合、検査対象に該当するかを確認していただいた後、当センター医療連携室(0562-43-0508)へ直接お電話で外来予約をお取りくださいますようお願い申し上げます(検査希望日が妊娠何週になるかを判るようにお伝えください。妊娠9〜15週を原則とします。)。
                                                                                       予約がとれた場合、当センター所定の診療申込書に「産科主治医の先生へ(NIPT専用紹介状付)」にあります、NIPT専用紹介状を添えて、医療連携室宛にFAX(0562-43-0510)してください。

     

    NIPT臨床研究に参加する前の自己チェックリスト(PDFファイル:327KB)

    産婦人科主治医の先生へ(NIPT専用紹介状付)」(PDFファイル:487KB)

    NIPT説明文書(PDFファイル:191KB)

    カウンセリング用問診票(PDFファイル:100kB)

    カウンセリング用問診票(見本記入例)(PDFファイル:354KB)

     

イベント情報

現在予定されているイベントはございません。

診療理念

産まれてくる赤ちゃんの明るい未来のため、不安をかかえた妊婦さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、適切な診断と治療を行い、周産期に関わるスタッフ全員で支えるチーム医療を実現します。

当科の特徴

設備
LDR室1室、分娩室1室、産科病棟10床(将来増床予定あり)
産科外来・病棟・NICU病棟が隣り合わせの配置になっています。
受診について
すべて紹介予約制となっています。かかりつけ、または近隣の産婦人科医師に紹介状を書いていただいてから医療連携室で診察日時をご予約ください。紹介状内容については事前にFAX送付をお願いしています。緊急の場合は産婦人科の先生から直接お電話で担当医にご連絡ください。
外来診療は火曜日〜土曜日(休診日:日曜日、月曜日、祝日)です。
母乳外来について
母乳育児が順調にできるよう、当院では助産師による母乳外来を行っています。

  • おっぱいの具合が悪いとき(熱がでた、赤く腫れた、痛みがある、乳首に亀裂がある など)
  • 母乳育児をしたいのに母乳不足で悩んでいる
  • 母乳が出すぎて困っている
  • 母乳は出るけど赤ちゃんが上手におっぱいを吸うことができない
  • 赤ちゃんがきちんとおっぱいを飲めているのか不安がある
  • 断乳、卒乳をそろそろしたい
  • 育児に対して不安がある
  • その他
出産後に限らず出産前でも、授乳、育児の不安があれば相談をお受けします。
予約制となっておりますので、前日までに産科外来にご連絡ください。
※当日でも電話にてご連絡いただけましたら、予約状況に応じて対応させて頂きます。ただし予約が一杯の場合は後日の受診をお願いすることがあります。ご了承ください。

受診時は母子手帳をご持参ください。また授乳ケア時にはフェイスタオルを2~3枚お持ちください。
授乳方法や赤ちゃんの体重の増え方が気になる場合はお子様と一緒にお越しください。

特殊医療機器

  • 超音波診断装置(Voluson E10, S8, P8)
  • 超音波診断装置用ワークステーション(ViewPal)

ページの先頭へ