あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

診療科のご案内

内分泌代謝科 外来スケジュール

科の診療イメージ

診療内容

外来診療日
初診・再診患者対応 毎週水、木曜日の午前・午後、第1・3・4・5の土曜日の午前・午後
アチェメック健康スクール外来 第2週の土曜日の午前・午後

肥満小児を対象に、医師、歯科医師、保健師、栄養士、理学療法士などによるチームで多面的にアプローチしていきます。外来診療枠とは別に、集団指導(生活習慣病に対する講話、栄養指導、運動指導)も行っています。

<初診時のお願い>

小児は常に成長を続けており、疾患の発症により成長に変化が現れ、思春期出現にも影響を与えます。これまでの成長の経過を確認することが、診療、診断に大変役立つことがあります。初診時には母子手帳と共に、これまでの身長、体重の記録を御持参いただけると助かります。

入院治療

大府養護学校が隣接しているため、通学しながらの長期入院治療も可能です。

主な対象疾患

新生児期から若年成人まで、あらゆる年齢の多岐に渡る内分泌代謝疾患に対応しています。

  • 低身長(成長ホルモン分泌不全症、Turner症候群、Prader-Willi症候群、軟骨無形成症など)
  • 思春期発来の異常(早発症、遅発症、性腺機能低下症など)
  • 甲状腺疾患(先天性甲状腺機能低下症、橋本病、バセドウ病など)
  • 外性器異常(あいまいな外性器、停留精巣、小陰茎など)、性分化異常症
  • 副甲状腺疾患(くる病など)
  • 副腎疾患(先天性副腎皮質過形成症、Cushing症候群など)
  • 下垂体疾患(下垂体機能低下症、尿崩症など)
  • 骨系統疾患(骨形成不全症、軟骨無形成症など)
  • 糖尿病(学校検尿陽性例の精査など)
  • 代謝性疾患(低血糖など)
  • 生活習慣病(肥満、高脂血症など)

上記以外にも御相談に応じます。お気軽に御相談下さい。

成長ホルモン分泌不全性低身長の男児例

成長ホルモン分泌不全性低身長の男児例の図

成長ホルモン投与により著明に成長率が改善した。

内分泌代謝科からのお知らせ

イベント情報

現在予定されているイベントはございません。

診療理念

内分泌疾患の多くは慢性疾患です。しかし、多くの場合には、適切な診断・治療を行うことにより、他のお子さんと同じ日常生活が可能です。お子さんの疾患(体質)を、御本人、御家族に正しく御理解いただき、上手にお付き合いしていただくこと、それにより自信を持った、自立した成人として、有意義な人生を送っていただくことを目指した診療を行います。

当科の特徴

  • 新生児マススクリーニング対象疾患(先天性副腎皮質過形成症、先天性甲状腺機能低下症、代謝性疾患)の要精査児については、できるだけ早期に対応できるよう努めます。内分泌代謝科医師まで御連絡下さい。
  • あいまいな外性器、性別判定困難な症例に対し、内分泌代謝科、泌尿器科、心療科医師、看護師、心理士などで構成されたチームにより、適宜カンファレンスを行い、迅速かつ正確な診断、対応ができるよう努めています。また、お子様の成長に応じて、御本人、御家族をいろいろな側面から、長期にわたりサポートできるよう心がけています。
  • 1型糖尿病の患者様に対し、カーボカウント法に則した栄養指導を行っています。
  • 内分泌代謝科(小児科)指導医、専門医が常勤し、日本内分泌学会認定教育施設(2012年認定)として内分泌代謝科専門レジデントの研修、教育を行っています。

特殊医療機器

CSII(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion:持続皮下インスリン注入療法)
1型糖尿病の患者様に対しCSIIを積極的に取り入れています。
CSIIは、インスリンを毎回注射して投与するかわりに、ポケットベルほどの大きさのポンプを利用して持続的に投与する方法です。CSIIでは、3日に1回のカニューレ交換のみで毎回のインスリン注射は不要です。また、生活の変化に合わせてインスリン基礎投与量をプログラムすることが可能で、急な変更を要する時には、一時的にプログラムを変更することも可能です。1型糖尿病診療の先進国であるアメリカでは30000人以上の小児1型糖尿病患者の方がCSIIを行っていると言われています。しかし、日本での普及率は未だ低く、県下で小児に対し積極的にCSIIを行っている施設はありません。

当科で、CSIIを使用してみえる患者様にアンケートをとったところ、CSII最大の利点であるflexibleな生活が可能となる点などに、たいへん満足されてみえます。安全性も高く、今後も積極的にCSIIを勧めていきたいと考えております。ご興味のある方は、ぜひご相談ください。

ページの先頭へ