あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

科の診療イメージ

診療内容

  1. こどもの目の機能の検査をしています。
  2. こどもの目の病気の治療をしています。
  3. 地域と連携して早期発見を進めています。
  4. 視覚障害児の評価と保有視覚の活用をサポートしています。

主な対象疾患

屈折異常、斜視、弱視、白内障、緑内障、眼振、眼瞼下垂、色覚異常、鼻涙管閉塞、網膜疾患、心因性視力障害、その他

眼科からのお知らせ

  • お知らせはございません。

イベント情報

現在予定されているイベントはございません。

診療理念

こどもの視機能発達にとってより良い条件・環境づくりを行うことを目指しています。

当科の特徴

  1. 乳幼児や障がいのある方も、年齢や状態に応じた検査・治療ができます。
  2. 県下で弱視・斜視の受診者が最も多い医療機関です。
  3. 地域の視覚検診に協力しています。
  4. 視覚障害児への援助をおこなっています。
  5. 特殊外来・特殊検査があり、小児眼科の診断から治療まで、総合的に診療しています。

その他

眼科受診の際、特に初診の場合、待ち時間にご理解をくださいますよう、お願いいたします。眼科の検査は、こどもの体調や機嫌によりスムーズにおこなえないこともあります。また、検査のため点眼薬で散瞳した場合は、点眼薬の効果が十分出るまで時間を必要とします。当科の検査は、専門知識・技術をもつ経験豊富な視能訓練士が担当しています。いつも大変混雑しておりますが、スタッフは常に努力しておりますので、よろしくご理解・ご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ