あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

主な診療実績

対象期間:平成29年8月時点

維持腹膜透析患者数 12人
腎移植後患者通院数 9人
成人施設への移行 慢性腎不全 5人
移植後 5人
当センターでの腎移植総数 16件
経皮的針腎生検 約70件/年
新規難治性ネフローゼ症候群 累約10人/年

愛知県の新たなネフローゼ症候群は年間20人であり、常に150人程度の患者が存在

実績概要

対象期間:平成24年4月~平成25年3月(平成24年度)

平成28年度 平成29年度
生体腎移植症例数 2 1
腹膜透析導入 5
外来受診総数 4786
外来新患総数 276
医療連携総数 105
入院患者総数 456
経皮的針腎生検 67 69
腎生検結果 内訳
ネフローゼ症候群 21 31.3%
紫斑病性腎炎 11 16.4%
IgA腎症 8 11.9%
移植腎 5 7.5%
全身性エリテマトーデス 5 7.5%
膜性腎症 4 6.0%
アルポート症候群 4 6.0%
C3腎症 2 3.0%
ネフローゼ症候群 内訳
ステロイド依存性ネフローゼ症候群 14
内 シクロスポリン新規導入 7
内 超難治性ネフローゼ症候群 2
ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群 7
内 完全、部分寛解 7
内 末期腎不全 0

特に強調したいところ

腎不全の管理
急性であれ慢性腎不全にしろ、腎臓の機能が障害されたことによる他臓器への影響を常に考えて治療方針を立てたのちには必ず検証を行い軌道修正することでより良い医療が提供可能となる。
ネフローゼの管理
ステロイドに始まる多種多剤の免疫抑制療法を、適切な時期に至適投与量を計画的に行うには薬剤に習熟している必要がある。
特に当センターは薬物動態に精通しており、個々に最大限の治療効果と最小限の副反応を考えた医療を提供する事が可能である。
泌尿器科的疾患
小児の腎機能障害において主たる比率を占めるCAKUT(先天性腎尿路奇形)をしっかりと評価することが将来的な児のQOL(生活の質)を高める事につながる。当センターは、小児泌尿器専門医の常駐する日本でも数少ない施設であり連携を常にとって多角的に児の疾患へアプローチをしている。
難治性および重症小児腎疾患の集約化
末期腎不全、難治性ネフローゼや急性腎不全等の重症児は、発生割合を考えると多くはない。症例を集約して、習熟した専門医療機関で治療を行うのが望ましいと考えられる。

クリニカルインディケーター(臨床の医療指標)

一般病棟で行った血液浄化療法
血液透析 持続的血液濾過透析
持続的血液濾過
持続的血液透析
血漿交換
二重濾過血漿交換
アフェレーシス
(LDL,LCAP,GCAP)
患者数
2004 0 0 6 14 2 20
2005 34 2 3 1 3 40
2006 11 2 18 0 8 31
2007 20 87 8 11 12 126
2008 15 66 22 36 10 139
2009 16 121 6 8 10 151
2010 19 212 20 20 14 271
2011 0 11 11 11 7 33
総数 115 501 94 101 66 811

社会への貢献

愛知県をはじめとした中部地区の中心として、腎疾患児を集約管理する施設として満足していただける医療を提供することに努めている。

その他

キドニークラブ(腎臓疾患の子どもの会)
腎疾患児と両親への教育を継続して行っている。

連絡先

内科部長 藤田 直也
naoya_fujita(at)sk00106.achmc.pref.aichi.jp
*迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用下さい。
腎臓科医長 日比野 聡
satoshi_hibino(at)sk00106.achmc.pref.aichi.jp
*迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用下さい。
腎臓科医長 田中 一樹
kazuki_t (at) sk00106.achmc.pref.aichi.jp
*迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用下さい。

ページの先頭へ