あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

診療科のご案内

感染免疫科 (感染症科/予防診療科) 外来スケジュール

診療概要

感染症一般、重症難治性感染症、膠原病、免疫疾患の診療を行っている。

クリニカルインディケーター(臨床の医療指標)

川崎病の冠動脈瘤形成の頻度
川崎病の入院数 冠動脈瘤形成者数
2019年 48 0
2018年 41 0
2017年 24 0

特に強調したい点・社会への貢献

愛知県下で数少ない小児膠原病を専門とする診療科として、他県を含む多くの医療機関から患者様をご紹介いただき、経験豊かなスタッフが最新の治療で診療にあたっています。
また感染症に関しては重症感染症、慢性難治性の感染症の診療に携わるだけではなく、一般の感染症にも対応しており、地域の市民病院的役割も担っています。

誌上発表

  • JIAにおける抗IL-6療法
    岩田 直美
    リウマチ科 第58巻3号:272-278 2017
  • 小児リウマチ性疾患の最新治療. 難治性全身型JIAの治療(生物学的製剤を中心に)
    岩田 直美
    小児科診療 78(8) 2015
  • A nationwide survey of Aicardi-Goutieres syndrome patients identifies a strong association between dominant TREX1 mutations and chilblain lesions: Japanese cohort study.
    2. Abe J, Nakamura K, Nishikomori R, Kato M, Mitsuiki N, Izawa K, Awaya T, Kawai T, Yasumi T, Toyoshima I, Hasegawa K, Ohshima Y, Hiragi T, Sasahara Y, Suzuki Y, Kikuchi M, Osaka H, Ohya T, Ninomiya S, Fujikawa S, Akasaka M, Iwata N, Kawakita A, Funatsuka M, Shintaku H, Ohara O, Ichinose H, Heike T.
    Rheumatology (Oxford) 53(3): 448-58 2014
  • Longterm safety and effectiveness of anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody tocilizumab in patients with systemic juvenile idiopathic arthritis in Japan.
    Yokota S, Imagawa T, Mori M, Miyamae T, Takei S, Iwata N, Umebayashi H, Murata T, Miyoshi M, Tomiita M, Nishimoto N, Kishimoto T.
    J Rheumatol 41(4): 759-67 2014

ページの先頭へ