理念と基本方針

  1. 保健部門
  2. 理念と基本方針

保健センターの基本方針

あいち小児保健医療総合センター保健センターでは…

あいちの子どもたちの健全な成長・発育、こころと体のヘルスプロモーションを目指し、センター周囲の豊かな自然と療養環境の下、ボランティア活動を中心とした地域との共生から国際交流まで、幅広い視野で小児保健サービスに貢献します。 「情報サービス」、「調査・研究」、「保健医療相談」、「教育・研修」の4つの主要機能を縦横に駆使し、センターの医療部門や他の専門機関とも密に連携して、小児保健の中核的支援拠点として以下のサービスを提供します。
また、マスメディア等も利用してあまねく事業を紹介し、数値目標などを用いた機能評価のもと、公共性と経済性に調和のとれた運営を行います。

保健活動の展開方法

保健部門事業の展開方法とは…

愛知県における小児保健の課題解決のため、短期的な(数年程度)事業活動を設定し、実施します。
事業は (P)Plan:課題解決の仮説設定と事業企画、(D)Do:事業実施、(C)Check事業実施量・達成度の測定、(A)Action事業評価と見直し、のPDCAサイクルによって有効性を検証し、scrap and buildを実施します。

私たちが取り組む主要課題

  • 子どもの虐待
  • 子どもの事故
  • 子どもと家族のヘルスプロモーション:
    子どもからの生活習慣病、学校保健と思春期保健
  • 子どもと家族へのボランティア活動
  • 子どもの保健と医療の連携システム:
    疾病ハイリスク対策、小児慢性疾患・在宅医療推進事業、アレルギー対策
  • 国際母子保健医療活動
  • 時間外電話相談
  • 愛知県予防接種センター
  • 愛知県遺伝相談センター
  • 小児保健情報センター
主要課題 保健部門が取り組む主要課題を示します。
背景 なぜ課題が生じたのか、日本と愛知県の歴史的、社会的、保健医療的背景を示します。
事業企画のための仮説 どうすれば課題は解決されうるのか。問題解決のための私たちの仮説を示します。
課題解決のための事業設定 どのような手段で課題を解決してゆくのか。わたしたちの具体的な取り組みを示します。
評価方法 事業の効果はどのように測定し、評価を受けるのか。その方法を示します。
健やか親子21の目標 健やか親子21(日本の21世紀初頭における母子保健の主要な取り組みを提示するビジョン、および国民運動計画)で提言されている数値目標等を示します。
  • こどもの健康情報
  • こどものための相談場 患者・家族会

ページの先頭へ