看護部門の紹介

部門名:32病棟

特徴

小学生・中学生が中心の心療科病棟です。 疾患としては、アスペルガー症候群や高機能自閉症などを含む高機能広汎性発達障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)、虐待により、解離性障害など情緒に問題のある児、不登校、強迫性障害、うつ病、チック、かん黙、摂食障害の児などが入院しています。

病棟運営の方針

この病棟では主に、自宅や地域での日常生活や社会生活に適応できなくなった子どもたちに、自立に向けての援助や、その場に合った社会的・情緒的言動ができるように指導しています。また達成したことは大いに褒め、自己評価を高めていくことのできるような看護を目指しています。
さらに医師や臨床心理士とのカンファレンスを積み重ね、他にも保育士、保健師、リハビリ部門、学校教員らと連携して、治療と看護に当たっています。
入院している子どもたちのほとんどが、センターに隣接している養護学校に通学しています。

スタッフ紹介

「子どもの心のケア」のための入院施設を持つ小児病院は全国でもまだ少なく、当病棟では、特殊で専門性の高い看護が求められます。私たちは看護師間や他部門のスタッフの方々と学びを共有しながら、誇りを持って仕事をしています。

フォトギャラリー

クリックすると画像が拡大表示されます。
  • 32病棟 フォトギャラリー 写真1枚目
  • 32病棟 フォトギャラリー 写真2枚目
  • 32病棟 フォトギャラリー 写真3枚目
  • 32病棟 フォトギャラリー 写真4枚目
  • インターンシップ 採用就職活動をされる皆様へインターンシップ 採用就職活動をされる皆様へ
  • 福利厚生 看護部の福利厚生について福利厚生 看護部の福利厚生について

ページの先頭へ