あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

実績内容

診療患者数
外来受診患者数(新患) 入院患者数
2014 4265(343) 607
2015 4125(329) 561
2016 4272(287) 480
2017 4208(273) 567
2018 4214(309) 616
心臓カテーテル検査・治療実績
総カテーテル件数 カテーテル治療(割合)
2014 233 50(21%)
2015 215 31(14%)
2016 224 45(20%)
2017 282 85(30%)
2018 292 106(36%)

カテーテル治療等
手技(病変) 2017年 2018年
バルーン心房中隔裂開術 pullback 5 6
static 4 1
バルーン血管形成術 肺動脈狭窄 33 32
大動脈縮窄 2 4
上大静脈狭窄 2 4
肺静脈閉塞 0 8
バルーン弁形成術 肺動脈弁狭窄 14 8
大動脈弁狭窄 1 1
ステント留置術 肺動脈狭窄 0 5
大動脈縮窄 1 0
肺静脈閉塞 1 0
動脈管 0 1
心房中隔 2 2
血管塞栓術 体肺側副動脈 10 27
静脈-静脈シャント 3 3
肺動脈 1 1
動脈管(コイル) 4 2
動脈管(閉鎖栓) 5 8
心臓電気生理検査 6 7
心内膜心筋生検 8 5

社会への貢献

名古屋市教育委員会 心臓専門医委員会(学校心臓検診)

論文発表(2013年-2018年)

  • Takeuchi S, Kawada J, Okuno Y, Horiba K, Suzuki T, Torii Y, Yasuda K, Numaguchi A, Kato T, Takahashi Y, Yoshinori Ito Y. Identification of potential pathogenic viruses in patients with acute myocarditis using next-generation sequencing. J Med Virol 2018;90(12):1814-1821.
  • 鬼頭真知子,大島康徳,森啓充,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟,安田和志.コイル塞栓術におけるステアリングマイクロカテーテルの有用性:機能的単心室1歳児例での使用経験.Journal of JPIC 2017;2(2):67-70.
  • Mii S, Yasuda K, Murayama H. Pulmonary Haemodynamics in Fontan Physiology after Lobectomy in a Patient with a Single Ventricle Associated with Pulmonary Sequestration. Cardiol Young 2017;27(2):381-384.
  • Okada N, Murayama H, Hasegawa H, Kawai S, Mori H, Yasuda K. Peripheral Veno-Arterial Extracorporeal Membrane Oxygenation as a Bridge to Decision for Pediatric Fulminant Myocarditis. Artif Organs 2016;40(8):793-8.
  • Yasuda K, Morihana E, Fusazaki N, Ishikawa S. Cardiovascular Malformations in CHARGE Syndrome with DiGeorge Phenotype: Two Case Reports. Case Rep Pediatr 2016; 2016: 8013530
  • 三井さやか,安田和志,早野聡,關圭吾,河井悟,福見大地,八神啓,長谷川広樹,村山弘臣,前田正信,馬場礼三.横隔神経麻痺を合併した機能的単心室の肺循環動態:横隔膜縫縮術およびFontan型手術前後で左右の肺循環動態評価を行った1例.日小児循環器会誌 2014;30(1):79-84.
  • Hayano S, Fukumi D, Murayama H, Baba R. Successful Arterial Switch Operation for Transposition of the Great Arteries with Intact Ventricular Septum and Congenital Diaphragmatic Hernia: A Case Report. J Cardiol Cases. 2014;10(1):39-41.
  • 鬼頭真知子, 長井典子, 小沢広明, 加藤太一, 馬場礼三. 左室心筋緻密化障害および肥大型心筋症様の所見を呈したのちhistiocytoid cardiomyopathyと病理診断されたミトコンドリア病の1例. 日小児循環器会誌. 2014;30(2):205-214.
  • 馬場礼三. 小児の心肺運動負荷試験とOxygen uptake efficiency slope その基礎と小児領域での臨床応用. 日小児循環器会誌. 2014;30(4):376-381.
  • 安田和志,石川友一,石川司朗,牛ノ濱大也,中村真,佐川浩一.Fontan循環における房室同期の重要性:Fontan型手術後に接合部調律から心不全を呈した1症例の循環動態評価.日小児循環器会誌 2013;29(6):339-344.

学会発表(2018年)

  1. 高血圧性脳症のため緊急ステント留置術を施行した高度異型大動脈縮窄症合併高安動脈炎の1例.森啓充,安田和志,大島康徳,鬼頭真知子,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟.第29回日本Pediatric Interventional Cardiology学会,2018.1.18-20,福岡
  2. 心臓カテーテル治療により肺動脈順行性血流形成を試みた新生児重症Ebstein病および肺動脈閉鎖の一例.大島康徳,森鼻栄治,鬼頭真知子,森啓充,江竜喜彦,河井悟,安田和志.第29回日本Pediatric Interventional Cardiology学会,2018.1.18-20,福岡
  3. 動脈病変を合併した血管炎症候群3例.森啓充,安田和志,大島康徳,江竜喜彦,鬼頭真知子,森鼻栄治,河井悟.第14回小児IVRリサーチミーティング,2018.1.18,福岡
  4. 肺静脈閉塞解除後も残存する肺高血圧に対し肺血管拡張薬を投与した1例.大島康徳,鬼頭真知子,森啓充,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第24回日本小児肺循環研究会,2018.2.3,東京
  5. 胎児期に診断し得なかった総肺静脈還流異常症IIaの1例.大島康徳,森鼻栄治,鬼頭真知子,森啓充,江竜喜彦,河井悟,安田和志.第24回日本胎児心臓病学会,2018.2.16-17,さいたま
  6. コラボレーションチームで超重症例のIntact survivalを目指す.山本英範,深澤佳絵,加藤太一,伊藤美春,早川昌弘,飯谷友佳子,津田弘之,千葉耕亮,内田広夫,森鼻栄治,安田和志.第24回日本胎児心臓病学会,2018.2.16-17,さいたま
  7. 当センターにおける周産期診療の取り組み.森鼻栄治,大島康徳,跡部真人,鬼頭真知子,江竜喜彦,児玉秀夫,早川博生,森啓充,河井悟,安田和志.第125回東海小児循環器談話会,2018.4.7,名古屋
  8. 神経調節性失神患児のヘッドアップティルト試験における心拍変動解析.大島康徳,鬼頭真知子,森啓充,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第121回日本小児科学会,2018.4.20-22,福岡
  9. MAS・PPHNを合併したTAPVC III型の診断・管理.鬼頭真知子,森鼻栄治,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,跡部真人,大島康徳,森啓充,江竜喜彦,河井悟,安田和志,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣.第16回日本周産期循環管理研究会,2018.5.19-20,和歌山
  10. 2歳4ヵ月時に冠動脈バイパス術を施行した川崎病性冠動脈瘤例.河井悟,大島康徳,鬼頭真知子,森啓充,江竜喜彦,安田和志,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣.第38回東海川崎病研究会,2018.5.19,名古屋
  11. 肺葉切除後にcompensatory lung growthが得られた症例,得られなかった症例~先天性心疾患を合併した2症例からの考察~.郷清貴,木村瞳,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第36回西日本小児呼吸循環HOT研究会,2018.6.2,大阪
  12. Epoprostenol静注からTreprostinil皮下注へ変更した1小児例.江竜喜彦,大島康徳,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第3回日本肺高血圧・肺循環学会,2018.6.22-23,大阪
  13. Glenn/Fontan循環における肺血管拡張薬投与の現状.鬼頭真知子,大島康徳,森啓充,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  14. 口腔衛生関連感染性心内膜炎は予防指導強化により減少したか? 森啓充,大島康徳,鬼頭真知子,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  15. 小児院外心停止に対する自動体外式除細動の検討.犬飼幸子,横山岳彦,安田和志,吉田修一朗,篠原務,長井典子,太田隆徳.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  16. 右房内血栓を合併した肺塞栓症に対し手術を施行し救命した2例.大河秀行,岡田典隆,村山弘臣,江竜喜彦,大島康徳,森啓充,鬼頭真知子,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  17. Rastelli手術の工夫.村山弘臣,岡田典隆,大河秀行,安田和志,河井悟,森鼻栄治,森啓充,江竜喜彦,鬼頭真知子,大島康徳.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  18. 22q11.2欠失症候群に対する免疫能評価における新生児期TREC測定の有用性.森鼻栄治,大島康徳,鬼頭真知子,江竜喜彦,森啓充,河井悟,安田和志,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  19. 劇症型心筋炎急性期離脱後も炎症が遷延した慢性心筋炎に対する治療法について.安田和志,大島康徳,鬼頭真知子,森啓充,江竜喜彦,森鼻栄治,河井悟,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣,今中恭子.第54回日本小児循環器学会,2018.7.5-7,横浜
  20. 当院におけるカテコラミン誘発多形性心室頻拍の臨床的検討.木村瞳,安田和志,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,長嶋正實.第54回中部日本小児科学会,2018.8.19,名古屋
  21. 1歳過ぎより介入を開始し,3度のバルーン肺動脈弁形成術を経てRastelli手術に到達したTOF,MAPCAの1例.郷清貴,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,安田和志,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣.第126回東海小児循環器談話会,2018.9.15,名古屋
  22. 多源性心房頻拍によりECMO管理を要したが,ジゴキシン静注急速飽和後に洞調律に復帰し,ECMO離脱可能となった一例.山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,池山貴也,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第4回日本小児循環器集中治療研究会,2018.9.22,神戸
  23. 川崎病に合併した左室機能低下症例の臨床像.伊藤諒一,山田佑也,鈴木孝典,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第27回日本小児心筋疾患学会,2018.10.13,東京
  24. 外科的介入後の遺残病変に対する経カテーテル血管塞栓術.山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,齋藤和由,森鼻栄治,河井悟,安田和志.第15回小児IVRリサーチミーティング,2018.10.19,名古屋
  25. 劇症型心筋炎急性期における経皮的心房中隔作成術およびステント留置術の左房減圧効果.安田和志,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,河井悟,森鼻栄治.第38回日本小児循環動態研究会,2018.10.20-21,名古屋
  26. 当院における川崎病性冠動脈瘤の評価と臨床経過.鈴木孝典,河井悟,山田佑也,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,齋藤和由,森鼻栄治,安田和志.第38回日本川崎病学会,2018.11.16-17,和歌山
  27. ステロイドパルスにより急速に伝導性が回復した劇症型心筋炎の7歳女児例.安田和志,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,齋藤和由,森鼻栄治,河井悟,竹村元三,今中恭子.東海心血管病理フォーラム2018,2018.11.17,名古屋
  28. 下心臓型総肺静脈還流異常症術後に出現し治療に難渋した多源性心房頻拍の1例.森鼻栄治,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,河井悟,安田和志,京極都,和田翔,今井一徳,池山貴也,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣.第23回日本小児心電学会,2018.11.30-12.1,奈良
  29. 小児コイル塞栓術の基本.安田和志.第7回あいち小児循環器セミナー コイル治療トレーニング,2018.12.2,大府
  30. 先天代謝異常の合併が疑われた乳児劇症型心筋炎の1例.郷清貴,安田和志,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣,今中恭子,竹村元三.第40回心筋生検研究会,2018.12.7-8,東京
  31. 小児心筋炎に対するステロイドの「功」.安田和志,山田佑也,鈴木孝典,伊藤諒一,郷清貴,鬼頭真知子,森啓充,森鼻栄治,河井悟,大河秀行,岡田典隆,村山弘臣,今中恭子.第40回心筋生検研究会,2018.12.7-8,東京
  32. 心筋症・心筋炎.安田和志.第5回初心者のための小児循環器セミナー,2018.12.15,名古屋

ページの先頭へ