看護部門の紹介

部門名:新生児ICU

特徴

2016年11月、周産期部門の一つとして、新生児ICUがオープンしました。新生児ICUには、主に心疾患や小児外科疾患、脳神経外科疾患の病気を抱えた赤ちゃんが入院しています。生まれたばかりの赤ちゃんは、母体外環境へ適応する時期といわれており、特別な配慮が必要です。そのため、赤ちゃんに適したきめ細やかな医療・ケアが提供できるよう、医師や看護師、理学療法士、臨床心理士、保健師、NSW等様々な職種がチームとして連携し、赤ちゃんやご家族により良い医療・ケアが提供できるよう努めています。

療養環境

集中治療が必要な赤ちゃん達が入院しているため、医療機器がたくさんありますが、出来るだけ赤ちゃんに適した環境になるよう配慮しています。騒音となる音は最小限にし、サーカディアンリズムに配慮して昼夜を区別した照度調整を行っています。また、ご家族がゆったり過ごせるよう、面会時にスクリーンで区切る等して、環境調整を行っています。

看護

急性期の赤ちゃんが、速やかに安定化し、心地よく過ごせるよう、きめ細やかな看護を提供しています。また、赤ちゃんの誕生は、「家族の始まり」ですので、ご家族がゆったり過ごせるよう環境に配慮し、赤ちゃんとの関係を築けるよう支援しています。また、現状だけではなく、20病棟(産科)と連携し出生前から支援を行ったり、保健部門等とも早期から連携し、将来を見据えた看護が提供出来るように努めています。

新生児集中ケア認定看護師

新生児ICUには、2人の認定看護師が勤務しています。学習会やシミュレーションを行う等スタッフの実践力が向上するよう指導したり、新生児やご家族により良いケアが提供できるよう活動しています。

  • インターンシップ 採用就職活動をされる皆様へインターンシップ 採用就職活動をされる皆様へ
  • 福利厚生 看護部の福利厚生について福利厚生 看護部の福利厚生について

ページの先頭へ