看護部門の紹介

部門名:23病棟

特徴

23病棟は整形外科・眼科・感染症科・総合診療科の混合病棟です。
整形外科は先天性股関節脱臼・四肢の骨延長・ペルテス病等の手術を目的とした患者様が入院されます。入院中の子どもたちは数ヶ月にわたり治療・訓練が必要なこともあるため、隣接する大府養護学校に通学しながら頑張っています。
眼科は斜視・眼瞼下垂・白内障等の手術をされるお子さんが入院します。
感染症科・総合診療科は肺炎・インフルエンザ・気管支炎・胃腸炎等のウイルス感染症や川崎病・熱性痙攣など発熱を伴う病気の患者様がほとんどです。救急棟のオープンに伴い緊急で受診される患者様も増え、昼夜をとわず緊急入院に対応しています。
病気の時期としては急性期~慢性期、入院期間は短期間や長期間、年齢層も新生児から乳児・幼児・学童そして青年期までの幅広い患者様に、安全で安楽な入院生活が提供できるよう、スタッフは協力しながら対応しています。

病棟運営の方針

  1. 満足度の高い診療・看護の提供
  2. リスクマネージメントの徹底
  3. 救急入院患者への積極的対応

スタッフ紹介

病棟師長以下34名の看護師は、保育士・看護助手・各科の医師・各部門のスタッフと協働して、お子さんが安心して少しでも楽しく入院生活を送っていただけるように、「安全第一! 元気よく! 笑顔で!」をスローガンに日々対応しています。
子育て中の看護師は育児短時間制度や部分休業制度を利用して育児と仕事の両立を目指しています。

フォトギャラリー

クリックすると画像が拡大表示されます。
  • 23病棟 フォトギャラリー 写真1枚目
  • 23病棟 フォトギャラリー 写真2枚目
  • 23病棟 フォトギャラリー 写真3枚目
  • 23病棟 フォトギャラリー 写真4枚目
  • インターンシップ 採用就職活動をされる皆様へインターンシップ 採用就職活動をされる皆様へ
  • 福利厚生 看護部の福利厚生について福利厚生 看護部の福利厚生について

ページの先頭へ