看護部門の紹介

部門名:22病棟

特徴

22病棟は6科の外科混合病棟です。主に手術を受けられる患者様が入院されます。
平成27年度は年間で980件の手術がありました。
対象診療科は、小児外科・脳神経外科・泌尿器科・形成外科・耳鼻科・歯口腔外科です。
病床は37床で、そのうち5床は有料個室になっています。
22病棟は『森』をイメージし、明るく楽しい雰囲気になっています。病棟の入り口、プレイルームの壁には木の切り株が描かれ、本物にそっくりなカブトムシやクワガタ、てんとう虫が出迎えてくれています。

また、それぞれの病室の入り口には、うさぎや猿など森の動物のイラストを配置し、少しでも楽しく入院生活が送ることができるように工夫をしています。

  • 病棟の入り口。クワガタやカブトムシが待ってるよ。

病棟内でビデオ・DVDの貸し出しもしています。センター随一の品揃えが22病棟の自慢です。

  • ビデオ・DVDの数々。100本以上あります。

病棟運営の方針

22病棟では看護師長、副師長を始めとした36名の看護師(パート勤務者を含む)、各科の医師、保育士、2名の看護助手、病棟クラークが働いています。外科病棟のため、手術前後の患者様の苦痛や不安を少しでも軽減できるように、スタッフ一同が協力してとりくんでいます。スタッフは常に笑顔の花を満開に咲かせて、患者様の安全・安楽を第一に考えて、安心して入院生活を送っていただけるようにとりくんでいます。

平成28年度の病棟目標

  1. 周手術期を担う病棟として安全で安心な看護を提供し、救急医療耐性の確立に参画できる人材を育成します。
  2. クリティカルパスの精度を上げ、新規パスの作成を継続します。

スタッフ紹介

スタッフは勉強会や研修会に積極的に参加しており、知識・技術の向上に努めています。平成28年度も小児看護学会での発表を予定しています。また他職種との連携で日々のカンファレンスを重要視し看護の実践力を高められるように努力しています。

  • 他職種でカンファレンスをしています。

また限られた入院生活の中で、少しでも季節感を味わえるようにと、バルコニーで花を育て、夏祭りやクリスマス会などの季節行事にも全力で取り組んでいます。

  • 生まれて初めてのクリスマスを病棟で迎える子どもたちも多くいます。新人が頑張りました!!
  • インターンシップ 採用就職活動をされる皆様へインターンシップ 採用就職活動をされる皆様へ
  • 福利厚生 看護部の福利厚生について福利厚生 看護部の福利厚生について

ページの先頭へ