あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

各部門のご案内

  1. ホーム
  2. 各部門のご案内
  3. コメディカル部門
  4. 診療支援部 心理指導科

心理指導科

  • 科の特色
  • 診療実績

部門別診療実績

心理指導科は5名の臨床心理士が、心療科を中心に、心療科医師との連携を密に取りながら業務を行っています。
業務は大きく、心理査定援助、治療・援助、面接時間以外のケースからの相談、関係機関及びセンター内他部門からの相談などに分れています。

心理査定援助
心理査定援助の中心は、心療科医師とのチーム医療による初診ケースへの対応です。
心療科を初めて受診した患者様と保護者の方に対して、心療科医師と臨床心理士が共同で面接します。最初に合同でお話をお聞きした後、医師は保護者の方から患者様の生育歴やご家族の状況等について詳しくお聞きします。臨床心理士は別室で、患者様に心理検査を実施します。その後、医師による問診結果と心理検査結果を持ち寄り、医師による診断と治療の方針が決まります。
・心身症外来

頭痛、腹痛、嘔吐などの身体症状の背景に心理社会的な問題が関与している場合があり、このような病態(病気の状態)を心身症といいます。児童期や思春期に、心身症としての病態を示すことの多い疾患としては、摂食障害、場面緘黙(特定の場面で口をきかない)、神経性頻尿、遺尿(糞)症、強迫性障害、心因性視力障害、抜毛、脱毛・・・など様々です。心身両面からのアプローチが必要な場合には、内科、皮膚科、耳鼻科など心療科以外の各科との連携をとりながら診療を行います。
臨床心理士は、描画テストをはじめとする心理検査や面接によって状態を把握し、身体症状の背後にある心理的ストレス(学校、家庭、本人の問題、その他)を探ります。心療科医師による診断と治療方針が決まると、心理的ストレスを軽減するための環境調整をはかったり、身体症状の軽減をはかるために医師の行う薬物療法と併用して、遊戯療法やカウンセリングなどの心理療法を行うことがあります。

・不登校外来

不登校の患者様が中心です。不登校で受診される患者様の特徴として、軽度の発達障碍がこれまで見逃されてしまっているような場合や、いじめなどの後遺症としてのPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えている場合等があります。こうした場合には、いわゆる登校刺激を避け、子どもの自主性の育ちを待つだけの対応では手後れになることも多く、積極的に社会刺激を提供していったり、心の傷の治療を行ったりするような治療が必要になります。
臨床心理士は、発達の検査により認知の歪みに気づいたり、性格検査などを通じて、患者様自身の苦しみの理解に努め、不登校の背後にある問題を明らかにする手がかりを提供します。

・子育て支援外来

子育ての苦悩のために、叱責が度を越してしまう場合があります。虐待ではないかと不安がつのり、お子さんとどう付き合っていけばいいのか距離が取れずにいる親御さんに対して、専門的な視点からお話をきかせていただきます。
臨床心理士は、医師とチ-ムを組んで、家族にとってよりよい方向に行くような援助を一緒に考えていきます。初回の面談では医師と同席して立ち合います。お子さんに対しては心理検査や遊戯治療、カウンセリング、親御さんに対しても必要に応じて、子育て相談やカウンセリングをおこなっています。

・思春期外来

中学生の患者を対象としています。思春期は心身ともに大きな変化を起こす時期のため、気持ちが不安定になりやすくなります。これは成長過程で自然におこりうることでもありますが、そこに発達的な問題や生活史上の傷つき体験などが重なると、さらに問題が複雑になることがあります。思春期外来では、そのような患者様がご自身の心について考えたり、ご家族にも問題を見つめ直す機会を持っていただくことで、新たな成長に向けての一歩を踏み出していただけるようお手伝いしていきます。
臨床心理士は、心理検査を用いて認知機能や情緒面での問題をアセスメントすることで、援助の手がかりを探します。必要に応じて、カウンセリングも行っています。

・発達外来

何らかの要因によって、生まれつき認知やコミュニケーション、社会性、学習、注意等の能力に偏りや問題を生じ、現実生活に困難をきたす障害を発達障害といいます。これらの問題について、より専門的な治療を必要とすると判断された場合に、当院にて診療を行っています。
臨床心理士は発達検査により、受診された患者様の発達レベルをきめ細かく評価すると共に、検査場面での様子や行動特徴から家庭や学校での関わり方や指導方法の手がかりを発見します。

心理査定助業援務のもう一つの柱は一般心理検査です。
これは、当センター各科で心理査定が必要とされる患者様に対して、心理検査を行うものです。
そのうち、最も多いものは、言語の遅れや集団参加などに発達上の問題が疑われた幼児期のお子さんへの発達検査や知能検査です。お子さんの発達状態についての情報だけではなく、ご家族のお気持ちに配慮した対応方法などについて、必要な情報を提供しています。
また、心理アセスメントを主たる目的として入院されたお子さんに対して、複数の検査による総合的な心理査定を行い、家庭や施設での問題行動の理解や対応方法の手がかりを提供しています。直接面接して行う検査以外に、簡易心理検査として発達質問紙などの集計と分析も行っています。
治療・援助は個別と集団に分れています。個別援助の中心は心理教育援助と心理療法的援助です。
心理教育援助の中心はいわゆる発達障碍児です。お子さんの発達の程度や認知の偏りなどについて細かい評価を行い、家庭・学校等と連携を取りながらお子さんの発達を促していきます。
心理療法的援助は、情緒的な問題を持ったお子さんに対して行われます。お子さんの年齢や病状に応じてカウンセリング、遊戯療法、芸術療法、箱庭療法などの技法を選択し、1~2週間に1度の頻度の面接を行っています。
集団援助は保護者の方を対象とした子育て教室を実施しています。対象者の特徴や援助のねらいに応じた、当センター独自の援助を行っています。
その他の活動
医師の指示に従って、面接時間を設定して行う上記業務以外に、継続的に面接を行っているお子さんには、診察の待ち時間や電話などでの相談にも適宜対応しています(面接時間外のケースからの相談)。
また、心理検査や継続援助を実施している患者様について、各科の医師、病棟スタッフとのコンサルテーションも積極的に行っております。同様に、学校・保育園・保健センターなどの担当者の方とも、保護者の了解の下で、お子さんへの対応についてのコンサルテーションを行っています。
コンサルテーション・リエゾン活動
コンサルテーション・リエゾン活動とは、身体疾患に伴う心理的な問題の軽減を目指して、心療科以外の各科と心療科が連携することをいいます。現在のところ、こうした活動の一環として、各科からの依頼で心理検査を実施したり、心理的な側面について院内のスタッフに助言するといった活動をしています。今後、新たな分野として、内分泌科における肥満外来,腎臓科における移植医療の分野にも活動を広げていく予定です。
病院という場は、ストレスに満ちた環境です。病気になること自体、相当の心理的ストレスとなりますが、移植医療を例にすると、手術前後の不安や恐怖だけでなく、移植医療特有の心理社会的問題が伴います。特に子どもの場合、心身共にその後の成長と発達を損なわないように、人格形成への継続的支援が必要です。様々な身体疾患に特有な心理的問題に対処し、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の改善を目指した活動をしていきたいと考えています。
ア 臨床心理援助件数(援助内容別延べ件数)(平成24年度)
区   分 項   目 対象ならびに内容 件数
心理査定援助   心療科初診ケース、一般心理検査枠ケース及び簡易心理評価ケース 783
治療

援助
個別

家族
心理教育援助 軽度発達障害(アスペルガー障害・高機能自閉症・学習障害・AD/HD・軽度発達遅滞)の小学生・学習の遅れの影響の大きい不登校 166
心理療法的援助 神経症・心身症・PTSD・被虐待児・不登校・摂食障害・二次的に情緒障害の生じた軽度発達障害児など 1,319
家族に対する心理療法的援助 心理教育援助または心理療法的援助を受けている子どもの親 99
小計(個別・家族) 1,584
集団 子育てグループ 広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー障害)・AD/HDの子ども(就園児・小学生)を持つ親。 249
中計 1,833
面接時間外のケースからの相談 心療科のケース 心理教育援助、心理療法的援助、または家族に対する心理療法的援助を受けているケースの家族からの、面接時間外での電話ないし直接対応による相談 394
心療科以外のケース 心療科未受診のケースに対しての相談・援助。心理検査の結果の説明、助言などを行う。 76
中計 470
関係機関及びセンター内他部門からの相談 センター内医師及び病棟 心理検査を実施したケース及び病棟入院中のケースについてのコンサルテーション 612
上記以外のセンター内他部署、および関係機関 医師・病棟以外のセンター内他部門及びセンター外の関係機関とのコンサルテーション 262
中計 874
総計 3,966
イ 心理検査実施件数(平成24年度)
区   分 項   目 対象ならびに内容 件数
心理検査 発達及び知能検査 容易なもの 遠城寺式乳幼児分析的発達検査・津守式乳幼児精神発達検査・DAMグッドイナフ人物画知能検査・フロスティッグ視知覚発達検査など 221
複雑なもの 新版K式発達検査・田中ビネー知能検査・WAIS-R成人知能検査・WPPSI知能診断検査など 206
極めて複雑なもの WISC-Ⅲ、WISC-Ⅳ、知能検査・WAIS-Ⅲ成人知能検査など 301
小計 728
人格検査 容易なもの Y-G谷田部ギルフォード性格検査・東大式エゴグラムなど 2
複雑なもの SCT・P-Fスタディ・MMPI・描画テスト・ゾンディテストなど 461
極めて複雑なもの ロールシャッハテスト・TAT絵画統覚検査・CAT幼時児童用絵画統覚検査など 5
小計 468
その他の検査 容易なもの CAS不安測定検査・TK式診断的親子関係検査・CMI健康調査票・GHQ精神健康評価表・MAS不安尺度・ベンダーゲシュタルトテストなど 21
複雑なもの 内田クレペリン精神検査・CLAC-Ⅱなど 6
極めて複雑なもの ITPA・K-ABCなど 12
小計 39
総計 1,325

対象期間

平成24年度

ページの先頭へ