あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

科の診療イメージ

主な診療内容

初診時が中3の1学期までの子どもの心の問題の診断と治療。

主な対象疾患

主に知的な障害を伴わない発達障害、心身症、不登校など。

心療科からのお知らせ

  • 県民および医療機関のみなさまへ(第2報)

     

    第1報でお知らせさせていただいたように、あいち小児保健医療総合センターの心療科部門の診療は、平成30年3月末を持って終了し、平成30年4月以降は、心身障害者コロニー中央病院にて入院・外来診療を継続することとなります。

     

    当センターでの心療科の外来初診は、平成29年12月で終了します。初診申込み終了となった時点で、ホームページ上でお知らせさせていただきます。

     

    心療科病棟における入院治療は、平成30年1月以降は移転の準備のため、人数や期間を制限させていただきます。

     

    平成30年4月心身障害者コロニー中央病院移転後、新病院としてあいち医療療育総合センター(仮称)が開院するまでは、仮病棟での運営で病床数が少ない状況となりご迷惑をおかけすることとなります。開院後は、心療科33床、精神科25床の2病棟となりますので、しばらくの間ご理解をお願いいたします。

     

    今後、変更や新しい情報がありましたら順次情報提供していきます。

     

    平成29年9月

     

    あいち小児保健医療総合センター

    センター長   服部 義

    心療科部長   栗山 貴久子

     

    (平成29年12月2日追記)

    心療科のすべての初診申し込みが、平成29年12月分に達しましたので、平成29年12月2日をもちまして申し込み受付を終了いたしました。
    ご理解の程よろしくお願いいたします。

イベント情報

現在予定されているイベントはございません。

診療理念

全国でも数が少ない、子どもの心の問題の治療を行う専門医療機関として、他の医療機関では対応が困難な問題に対して取り組んでいきたいと考えています。

当科の特徴

専門医(児童精神科、小児心療内科)と臨床心理士がチームを組み、診断と治療に当たっています。院内の保健センターを通じて地域の保育機関・教育機関・保健センター・児童相談所などの施設との連携も適宜行っています。心療系の専門病棟では、隣接した大府特別支援学校と連携して、多職種が協働して、小学生と中学生を対象とした入院治療を行っています。

初診専門外来と対象とする疾患(初診時中3の1学期まで)

  • 心身症:心身症、チックなど(受診時小学生)
  • 思春期:心身症、チックなど(受診時中学生)
  • 不登校・リエゾン:不登校、身体疾患をもつ子どもの精神的な問題など
  • 育児支援:解離性障害、反応性愛着障害など
  • 発達:自閉症スペクトラム、注意欠如多動性障害など
専門外来名 医師・心理士 曜日 (週によって専門外来がかわります)
心身症 川村・守村/河邊新井 水曜木曜
思春期 新井/勝又古橋・守村/勝又 木曜金曜
不登校 古橋・守村/勝又 金曜
育児支援 新井/古橋・大橋古橋・守村/勝又 木曜金曜
発達 栗山/跡部・谷/勝又川村・守村/河邊 水曜水曜

はじめて受診される方へ

  1. 医療連携医師に登録された先生からの紹介に限ります(発達外来を除く)。
  2. 発達外来は、「あいち小児センター心療科協力機関」に継続して通院されている方で、「あいち小児センター心療科協力機関」の先生がより専門的な医療を必要  とすると判断された場合に限ります。症状が落ち着けば、「あいち小児センター心療科協力機関」に紹介させていただきます。これは、この地域にはこどもの心の臨床に対する知識と経験が豊富な先生方がたくさんおられるためです。
  3. すでに他の医療機関や相談機関で継続的な相談を受けられている方は、主治医や担当の先生からの紹介状を持参してください。
  4. 知的障害を伴う方はコロニー中央病院を中心に考えております。これは、当センターが知覚過敏性をもった子どもさんが過ごすには刺激が多すぎる環境であること、病棟も重度の知的障害の患者さまへの対応が難しいという実情があるためです。
  5. 発達外来は3ヶ月、それ以外の外来は2ヶ月までの待機とし、それを超えての申し込みがあった場合は、他の医療機関を紹介させていただきます。
  6. 初診の対象年齢は15歳未満です。
  7. 初診時に詳細な問診票を記載していただく必要がありますので、予約時間の1時間ほど前に来院してくださいますようよろしくお願いいたします。
  8. 初診時に、ご家族のみの相談は受け付けておりません。

2回目以降の受診の方へ

  1. また、継続診療ののち、18歳を超えた方は原則的に成人対象の精神科・心療内科へ紹介させていただきます。これは、18歳以上の方の医療への対応が、「小児医療センター」の中では対応が不十分なことによるものです。

発達初診枠へご紹介いただく医療機関の先生方へ

特殊医療機器

特になし

ページの先頭へ