あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

外来患者統計

  平成25年度 平成26年度
初診患者数(人) 368 346
外来患者数(人) 12,412 11,373
初診患者の主病名 平成26年度 人(%)
知的能力障害 27(7.8)
言語障害・語音障害・吃音 3(0.9)
自閉症スペクトラム 117(33.8)
注意欠如・多動性障害 30(8.7)
限局性学習障害 1(0.3)
チック障害・トゥレット障害 13(3.8)
その他の発達障害 1(0.3)
統合失調症 1(0.3)
うつ病 3(0.9)
分離不安障害 5(1.4)
選択性緘黙 2(0.6)
不安障害(社交不安障害・パニック障害など) 5(1.4)
強迫性障害 5(1.4)
抜毛症 6(1.7)
反応性愛着障害・脱抑制型対人交流障害 5(1.4)
心的外傷後ストレス障害 6(1.7)
急性ストレス障害 2(0.6)
適応障害 12(3.5)
解離性障害 2(0.6) 
身体症状障害 29(8.4)
転換性障害 8(2.3)
神経性無食欲症・神経性過食症 3(0.9) 
排泄障害 5(1.4)
睡眠障害 2(0.6)
反抗挑戦性障害・行為障害 4(1.2)
不登校 32(9.2)
正常範囲内 17(4.9)

入院患者統計

  平成25年度 平成26年度
平均在院日数(日) 90.1 110.7
入院患者数(人) 109 97
入院患者の主病名 平成26年度 人(%)
自閉症スペクトラム 34 (35.4)
注意欠如・多動性障害 18 (18.8)
うつ病 2 (2.1)
反応性愛着障害 12 (12.5)
心的外傷後ストレス障害 6 (6.3)
適応障害 6 (6.3)
解離性障害 2 (2.1)
身体症状障害 3 (3.1)
転換性障害 2 (2.1)
神経性無食欲症 1 (1.0)
不登校 10 (10.4)

特に強調したい点・社会への貢献

 愛知県下で唯一、小学生が入院できる心療科専門病床を有しています。入院治療は、院内の多職種によるチーム医療(児童精神科医、小児心療科医、看護師、臨床心理士、作業療法士、保育士、医療ソーシャルワーカー、保健師)を行うとともに、院外の他機関(地元校、児童相談所、市町村など)との連携も積極的に行っています。また、平成24年より月1回病棟でアニマルセラピーを導入しています。

 心療科疾患の中でも、特に近年要望が増えている発達障害に関しては、県内の発達障害医療の底上げのために、地域の小児科医・精神科医を対象とした講演を定期的に行っています。

ページの先頭へ