あいち小児保健医療総合センター Aichi Children's Health and Medical Center

診療科のご案内

内分泌代謝科 外来スケジュール

実績内容

対象期間:平成23年4月~平成24年3月

外来患者 外来受診延べ患者数は3852名(月平均321名)であり、前年度より増加していた。低身長を主訴にした受診患者が最多であった。
入院患者 年間の月平均延べ入院患者数は63.6名であった。主な内訳は低身長、甲状腺機能低下症、思春期早発症などの検査目的入院と、肥満、糖尿病などの教育及び加療目的の長期入院、甲状腺機能亢進症初発時の加療入院などであった。

また、他科と連携して、ステロイド加療前後の副腎機能検査、先天性副腎皮質過形成症患者、下垂体機能低下症患者の周術期ステロイド補充療法なども行っている。

クリニカルインディケーター(臨床の医療指標)

2013年度に5回のプログラムを終了した患者:7名(男児5名、女児2名)

①初回に設定した目標達成率:5/7人、71.4 %

②体重の変化:初回から最終回までの体重の変化は-1.01±2.13 kg

新規患者数グラフ

③肥満度の変化:初診時肥満度 平均43.8±18.5 %

初回から最終回までの体重の変化は-9.2±5.4 %

手術件数グラフ01

まとめ:C以外の6名で体重は減少or維持、減少幅は小さいが肥満度の改善は明らかである。目標未達成者はCとG(Gは体重は維持だが肥満度は-11.4 %、目標が高かった?)。

社会への貢献

  • 東海地区小児糖尿病サマーキャンプを主催(3年毎)、参加している。

ページの先頭へ